記事カテゴリ:

01 12年間にわたり市政担当

鈴木小右衛門
suzuki01.jpg[すずき・こうえもん](1853〜1915)

 ▽1853(嘉永6)年 上水内郡長野町大門に誕生▽83〜90(明治16〜23)年 栃木県各郡と長野県埴科・上水内各郡書記を歴任▽その後 長野町第8区長、町会議員▽97年〜 市会議員、参事会会員▽99〜1911年 長野市長▽15(大正4)年 死去62歳

 鈴木小右衛門は1899(明治32)年4月、初代市長・佐藤八郎右衛門の後任として長野市長に就任し、以後12年間にわたって長野市政を担当しました。

 この間に日露戦争が勃発。富国強兵の旗印のもと商工業の発展への期待から1900(明治33)年、長野商業会議所の創設とその活動にも深くかかわり、教育面では長野商業学校、長野工業学校、長野高等女学校の創立と発展に尽くしました。

 また東宮(のちの大正天皇)御慶事記念として城山に公園を計画し、03年に完成させました。 
 さらに、一府十県連合共進会の開催地を上田、松本と競い長野に決定させ、08年9月から52日間開催。全国から人を集め、長野市の経済的発展に寄与すること絶大でありました。

 鈴木市政下の主な事業や出来事を列挙すると次のようです。

 〈1899年〉
 11月 えびす講煙火大会(高土手で)
 〈1900年〉
 3月 長野市衛生幻灯会を開く
 5月 長野市立乙種商業学校認可。長野商業会議所設立認可される。城山に記念公園を起工
 〈01年〉
 9月 長野市立乙種商業学校が甲種に改称  12月 長野工業補習学校、後町小学校に付設
 〈02年〉
 4月 長野高等女学校、箱清水に校舎新築
 〈03年〉
 6月 城山記念公園の開園式
 9月 長野商業会議所、直江津築港を建議
 〈04年〉
 4月 日赤長野支部病院業務を開始
 〈05年〉
 4月 長野市長、鈴木小右衛門就任裁可(2期目)
 〈06年〉
 12月 市内の電話交換業務開始
 〈07年〉
 1月 長野駅の自動電話通話開始
 5月 長野市教育会創立総会、鈴木市長が会長に
 6月 信濃図書館開館
 〈08年〉
 5月 県庁舎全焼
 8月 市の火葬場、堀切北に新設
 9〜11月 一府十県連合共進会を城山で開催
 〈09年〉
 3月 長野市が県庁舎敷地の寄付決定
 〈10年〉
 8月 村山橋竣工
 〈11年〉
 6月 第3代長野市長に牧野元就任裁可。長野市会が上水道水源を戸隠に決定
 (元『長野市誌』近現代史部会長)