記事カテゴリ:

12年3月 桜の季節が間近に

shikisaisai-0331p.jpg

 日差しが力強くなり、少しずつ春の花が咲き始めています。白黒だった風景に、どんどん色が加わり、ワクワクしてきます。私は一年で春が一番好きです。そして、何より桜の季節が待ち遠しいです。


 日本には数百にも及ぶ桜の品種がありますが、全国にある桜のうち、7〜8割をソメイヨシノが占めています。


 ソメイヨシノは古くからあるように思いますが、実は歴史は浅く、明治以降の桜なのです。 


 ソメイ(染井)は地名で、今の東京都豊島区駒込辺り。そこに住む植木屋さんが、オオシマザクラとエドヒガンザクラを交配して作り、売り出しました。


 ソメイヨシノに種はありません。もともと一本だったものを接ぎ木だけで増やしてきました。全て同じ方法で増やしたため、日本中にあるソメイヨシノはクローンだともいわれています。


 そのため、気象条件が同じなら、開花時季も見た目も同じようになり、季節の目安に適した桜として身近になったのです。 


 今年も例年どおり4月中旬までには、県北部でも咲き始める見込みです。間もなく信州は淡いピンク色に染まります。桜の開花から満開まではおよそ5日間。花散らしの雨や風にも遭わず、長く楽しめるといいなと思います。


(2012年3月31日号掲載)

 
松元梓の四季彩々