記事カテゴリ:

14年1月-1 夏に8号打ち上げ「ひまわり」へ期待

shikisaisai-140101.jpg
 明けましておめでとうございます。新年から新しいことにチャレンジする人もいると思いますが、気象の世界でも新入りの活躍が期待されています。

 「気象衛星ひまわり8号」です。現在7号が運用されていますが、2014年夏に8号が打ち上げられる予定です。これまでと比べ、解像度や観測頻度が高くなるなどで、データ量が大幅に増えます。また、私が最も楽しみにしているのが、気象衛星の雲画像がよりきれいになることです。今の画像は陸地と海に人工的に色をつけ、そこに衛星が観測した画像を重ね合わせて、カラー画像を作っています。今後はひまわりが見たままの地球が見られるかと思うとワクワクします。

 ところで、このひまわり、普段は幾つ稼働しているか知っていますか。答えは2つ。万が一、片方に何かあった時のためです。打ち上げられる8号は、7号の下で1年間待機し、2015年から観測運用されることになります。さらにその2年後には、ひまわり9号の打ち上げが予定されており、8号と9号の活躍によって、気象情報の向上が期待されます。

 この「四季彩々」も、より楽しめる内容になるよう努力していきたいと思います。本年もよろしくお願いします。
(2014年1月1日号掲載)

=写真=ひまわり7号(気象庁、三菱電機提供)