記事カテゴリ:

18 浩宮さまと礼宮さま ~気持ちが分かる方 楽しい酒を朝まで~

18-takemoto-1008p.jpg
 浩宮さまについて、もう少しお話ししたいと思います。神戸にお供をした時のことです。ホテルで浩宮さまと私の2人だけのディナーになりました。ちょうどお妃(きさき)問題でマスコミが騒いでいた時でしたが、ご自身からその話は出なかったですね。

 浩宮さまのお好みの女性として、歌手の柏原芳恵さんが話題に上っていました。その柏原さんやクラシックのコンサート、慈善舞踏会にもお供しましたが、舞踏会にお妃候補の1人だと、週刊誌などが報道していた女性の姿がありました。帰りの車の中でそのことに触れると「その女性とは会ったことがない」とのことでした。

ジョギングに誘われ
 赤坂御用地内のジョギングに「いかがですか」と声を掛けられたことがあります。数人の皇宮警察のつわものたちと走られるのですが、結構速い。1周して失礼しようと思っていたところ、「もういいですよ」と言われました。さすが相手の気持ちがお分かりになる方だと思いました。

 浩宮さまは山登りもお好きでよく出掛けられました。誘いを受け「雲取山くらいならお供します」と答えると、「結構きついですよ」と言われました。雲取山は日本百名山の一つ。標高2017メートルの東京都の最高峰。結局、登山は一度もお供しませんでした。

 礼宮さまとは1988(昭和63)年6月、日本人ブラジル移住80周年記念式典出席のためブラジルを訪問された時にお供しました。日程は2週間で、記念式典は6月18日にサンパウロで開催。観客席に「礼宮さま ようこそブラジルへ」の大きな人文字ができました。08年6月18日に最初の移民船「笠戸丸」がサントス港に入港。この日が「日本移民の日」となっています。

 ほかに、首都のブラジリア、リオデジャネイロ、パラナ州のローランジャとロンドリーナ、マナウス、ベレンを訪問。日本移民資料館や毒蛇研究所などを訪れ、サルネイ大統領を表敬訪問し、ブラジリアの日本大使公邸で植樹をしました。

 メインの式典を終えた日の夕食後から翌朝の午前5時ごろまで、礼宮さまの部屋で、数人で歓談しました。礼宮さまは大変楽しい酒をお飲みになり、時間がたつのを忘れてしまうほどでした。

アマゾン川で釣り
 マナウスのアマゾン自然科学博物館で、礼宮さまは博物館の専門家と魚類の標本などを見ながら話に熱中されました。マナウスでアマゾン川に船を出し釣り糸を垂れましたが、1匹も釣れませんでした。

 最後にベレンに寄りました。ここはアマゾン川河口にあり、河口の幅は300~500キロとか。帰国後、私の撮った写真をアルバムにして礼宮さまに差し上げました。

 礼宮さまは毎年3月に斑尾高原スキー場に行かれ、私は2度お供しました。学習院大学のご学友をはじめ、いろいろな友達が集まり、その後結婚された川嶋紀子さんはいつもご一緒。2年目には紀宮さまも参加されるようになりました。

 神戸で開かれた第2回海の祭典ご臨席や伊豆、鎌倉などへの旅行にもお供しました。礼宮さまがナマズの研究をされていることはよく知られていますね。東京都内にあるナマズ専門の料理店にご一緒したこともあります。
(聞き書き・船崎邦洋)
(2016年10月8日号掲載)

=写真=ブラジル訪問中の礼宮さま(右から2人目)。日系のホテル従業員と私(左端)
 
竹元正美さん