マンチェスター・バイ・ザ・シー ~故郷で向き合う過去 癒やされる支え合う姿~

tokimeki-170610p.jpg
 その土地だからこそ生まれる物語がある。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は米マ

サチューセッツ州にある海辺の小さな町。そこで生まれ育った主人公の心象風景として登

場するヒューマンドラマだ。

 ボストン郊外でアパートの便利屋として生計を立てるリー(ケイシー・アフレック)は

、兄のジョーが倒れたという知らせに、久しぶりに故郷の町に戻ってきた。兄が遺言で16

歳の息子パトリックの後見人にリーを指名していたことに困惑するが、幼い頃からパトリ

ックの成長する姿を見てきたリーは、おいの面倒を見ながら、いつしか目を背けていた自

分の過去と向き合っていく。

 リーがなぜ故郷を去ったのか、なぜかたくななまでに心を閉ざすのか、

 物語は過去と現在を行き来しながら、リーを襲った悲劇を映し出す。故郷での日々や思

い出が幸せであればあるほど、リーの苦しみは際立つ。ホッケーやバンド活動、ガールフ

レンドと青春を謳歌(おうか)するパトリックも、やんちゃぶりの陰に悲しみを隠している


 冬から春へと変わりゆく景色の中を、肩を並べて歩くリーとパトリック。大切な存在を

失った2人の心の変化を、カメラは淡々と追う。

 2人が苦しみからどう立ち上がるのか。誰もがどこかで同じ立場になるかもしれない人生

の厳しい現実。互いに手を差し伸べ、支え合う姿にいつしか癒やされ、静かな余韻に包ま

れる。優しさに満ちた幾つものエピソードは、深い共感を呼ぶ。

 初めは主演を務める予定だったマット・デイモンと共同で制作し、オリジナルストーリ

ーを2年かけて書き上げたケネス・ロナーガン監督は、今年のアカデミー賞で脚本賞を受賞

。「観客に実際に体験した気持ちになってほしい。役者たちの視点で映画を見てほしい」

と語る。

 監督の思いを体現したケイシー・アフレックの繊細な演技は、アカデミー賞とゴールデ

ン・グローブ賞で主演男優賞を受賞したのをはじめ、数々の映画賞で高い評価を得ている

=2時間17分
(2017年6月10日号掲載)

=写真=(C)2016 K Films Manchester LLC.All Rights Reserved.

最近の記事

ハクソー・リッジ ~沖縄戦実話の映画化 命と向き合う衛生兵~
 第2次世界大戦で米軍を苦戦させた難攻不…
マンチェスター・バイ・ザ・シー ~故郷で向き合う過去 癒やされる支え合う姿~
 その土地だからこそ生まれる物語がある。…
家族はつらいよ 2 ~無縁社会をテーマに 「家族の絆」の大切さ~
 妻がねだった誕生日プレゼントは離婚届だ…