草原の河 ~チベット高原の一家 少女目線の家族物語

0708cineclub.jpg
 海抜3千メートルを超えるチベット高原で、半農半牧を営む一家の物語「草原の河」。チベット人の監督ソンタルジャとキャストによる作品だ。

 6歳の少女ヤンチェン・ラモは父親のグル、母親のルクドルとの3人暮らし。村から離れた洞窟で修行中の祖父は「行者さま」と呼ばれ、尊敬されている。

 祖父の具合が悪いと聞き、グルは娘を連れて見舞いに行くが、家族を捨てて僧籍に戻った父親を許せないグルは、そばまで行きながら、ヤンチェン・ラモだけに行かせて、自分は会わないまま帰ってしまう。

 夏の放牧地に移動した一家のヒツジたちがオオカミに襲われ、母ヒツジを殺された子ヒツジの世話をヤンチェン・ラモがすることになった。自身もまだ母親のおっぱいをねだる甘えん坊のヤンチェン・ラモに大問題が発生。ルクドルに赤ちゃんができたのだ。母親の愛情を取られてしまうと、ヤンチェン・ラモの心に不安が広がる。

 原題は「リバー」(河)。広大な大地を流れる雪解け水が人間の行く手を阻む。天高く舞う鳥、刻々と変わる光、鳴る風の音。チベットの自然の何と厳しく、雄大なことか。ロケはソンタルジャ監督の故郷である青海省海南チベット族自治州で行われた。
実は、ヤンチェン・ラモありきで映画がスタートしたそうだ。彼女の天賦の才に驚いた監督が、子どもの目線でみた家族の物語を思い付いたという。

 彼女と父親役のグルは、2人ともソンタルジャ監督の遠い親戚で、演技指導はせず、普段の生活の中で捉えたという表情は、とても豊かで素朴だ。幼い表情の愛くるしさ。赤い着物にイヤリングやネックレスという民族衣装もかわいい。魅力あふれる少女に会いたくなる。撮影時はまだ6歳だったヤンチェン・ラモは、上海国際映画祭で、史上最年少で最優秀女優賞を受賞した。

 物質文明と離れた質素で大地に根付いたテント暮らしに、物にあふれた私たちの生活が重く感じてしまう。文化大革命が大きな傷を残したチベット。改革開放後の変化と、家族3代の世代間ギャップと絆を見つめた物語だ。
=1時間38分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
 長野ロキシー((電)232・3016)で公開中
(2017年7月8日掲載)

(C)GARUDA FILM

最近の記事

ノー・エスケープ 自由への国境 ~越境目指す移民たち、メキシコ側から描く
(C)2016 STX Financin…
草原の河 ~チベット高原の一家 少女目線の家族物語
 海抜3千メートルを超えるチベット高原で…
キング・アーサー ~斬新な映像スタイル ロケ地の美しい自然~
 円卓の騎士、キャメロット城など、さまざ…