少女ファニーと運命の旅 ~ユダヤ人の少年少女 ナチスからの逃亡劇

1014funny.jpg
(C) ORIGAMI FILMS / BEE FILMS / DAVIS FILMS / SCOPE PICTURES / FRANCE 2 CINEMA / CINEMA RHONE-ALPES / CE QUI ME MEUT - 2015

 1943年、ナチスドイツの支配下にあったフランスからスイスへ逃れ、生き延びたユダヤ人の子どもたちがいた。「少女ファニーと運命の旅」は、現在、イスラエルに住むファニー・ベン=アミが体験をつづった自伝の映画化だ。

 13歳の少女ファニー(レオニー・スーショー)は両親と別れ、幼い2人の妹と共に、支援組織が運営するフランスの片田舎の児童施設でひそかに暮らしていた。心ない密告で危険が迫り、責任者のマダム・フォーマン(セシル・ドゥ・フランス)は、子どもたちをスイスへ逃がそうと決意する。

 だが、ドイツ軍の厳しい取り締まりでマダムとはぐれ、9人の子どもたちだけでスイスの国境を目指す過酷な旅が始まった。
 勇気ある逃亡劇を再現するのは、千人近くの子どもたちから選ばれた9人の少年少女。死の恐怖と空腹を乗り越え、助け合いながら絆を深めていく。幾度も起きるピンチのなかでも、子どもらしい無邪気な瞬間をとらえた映像が心に残る。

 4歳の少女が母親の死に向き合う姿を描いた感動作「ポネット」(1996年)の名匠ジャック・ドワイヨン監督の娘、ローラ・ドワイヨンが、父親譲りの見事な視点で監督を務めている。

 「ドイツ人には絶対捕まらない―という固い決意があればこそ、実現できた」「今また、あの時代と似た危険を感じるから映画化を許可した」とファニー・ベン=アミは語る。

 実際には17人もの子どもたちを率いていたというから驚きだ。仲間が病気になり死に直面した時に、気持ちが折れそうになったそうだが、13歳の少女が背負うには、その荷はあまりにも重すぎる。

 「ユダヤ人をやめれば」という幼い妹の無邪気な問い掛けに、言葉を失う。大人だけでなく子どもたちにも、この悲惨な歴史があったことを知ってほしいと思う。

 今も世界のどこかで起きている紛争で命を脅かされている子どもたちがいる。大人たちが起こした戦争の犠牲になるのは罪のない子どもたち。二度と笑顔を奪ってはならないとしみじみ思う。
    =1時間36分
(10月14日掲載)

最近の記事

ドリーム ~NASAの黒人女性 切り開く姿を爽快に
(C) 2017 Twentieth C…
少女ファニーと運命の旅 ~ユダヤ人の少年少女 ナチスからの逃亡劇
(C) ORIGAMI FILMS / …
幼な子われらに生まれ ~重松清作品を映画化 家族の在り方を描く
(C)2016「幼な子われらに生まれ」製…