否定と肯定 ~「ホロコースト」裁判 現代に警鐘を鳴らす

1202kotetohite.jpg
(C) DENIAL FILM, LLC AND BRITISH BROADCASTING CORPORATION 2016
 トランプ米大統領が都合の悪いニュースを「フェイクニュースだ」と主張し、アメリカのメディアを非難する言動を度々目にするようになった。それと同じようなことが、およそ20年前、第2次大戦中のナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺「ホロコースト」を巡っても起きていた。

 「否定と肯定」は「ユダヤ人の大量虐殺は無かった」と主張する歴史家が実際に起こした裁判の行方を描いた法廷ドラマだ。

 アメリカの大学で教えるユダヤ人の歴史学者デボラ・E・リプシュタット(レイチェル・ワイズ)は、ホロコースト否定論者であるイギリスの歴史家デビッド・アービング(ティモシー・スポール)を見過ごすことができず、著書で非難していた。

 アービングがリプシュタットと出版社を名誉(毀)(き)(損)(そん)で提訴したことから、2人の論争はイギリスの法廷に持ち込まれることになった。

 「ヒトラーがユダヤ人の殺害を命じた証拠はあるのか」とうそぶくアービングにあ然とする。訴えられた側に立証責任があるというイギリスの司法制度にも驚かされる。世界が注目した裁判は2000年1月に始まり、4月に判決が下った。裁判に勝つため、弁護団のチームは驚くべき戦術を取る。その緊迫した法廷シーンも見どころだ。

 「穴がなければ、ホロコーストがあったことを証明できない」。ガス室の存在さえも否定するアービングの主張を崩すため、現地調査が行われる。そのシーンは、実際にポーランドのアウシュビッツ強制収容所で撮影された。カメラに映し出される惨劇の傷跡に胸が痛む。

 原作は裁判の記録を描いた「否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い」。自身もユダヤ人をルーツに持つ女優のレイチェル・ワイズは、作者のリプシュタット本人に何度も会い、役作りに打ち込んだという。

 自分の利益のために、歴史の真実をねじ曲げようとすることへの怒り。声高に主張する者に耳を傾ける現代の風潮にも警鐘を鳴らす実話の映画化だ。
2017年12月2日掲載)

最近の記事