グレイテスト・ショーマン ~米に実在した興行師 ミュージカルで描く

0217eiga.jpg
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation

 19世紀半ばのアメリカで、ショービジネスの礎を築いた実在の興行師P・T・バーナム。「グレイテスト・ショーマン」は、彼のショーにかける情熱と家族への愛を描いたオリジナル・ミュージカルだ。

 貧しい育ちのバーナム(ヒュー・ジャックマン)は、幼なじみで名家の令嬢チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と身分の違いを超えて結ばれる。かわいい娘にも恵まれ、豊かな生活を家族にさせたいと願うバーナムは、ショービジネスの世界に飛び込む。斬新なアイデアでショーをヒットさせるが、さらなる高みを目指すバーナムに思わぬ危険が待ち受けていた。

 バーナムが観客に差し出したのは、社会から疎外され、陰に隠れていた人々だ。男以上に立派なひげが生える女や、大人なのに体は少年のままの小人。一歩間違えれば、奇形を集めた見世物小屋の際どさを、個性あふれるパフォーマーとしてショーの世界で輝かせたバーナム。卑屈だった彼らが自信に満ちて、力強く歌い踊るオープニングから一気に物語の世界に引き込まれてしまう。

 「シカゴ」(2002年)「ドリームガールズ」(06年)「美女と野獣」(17年)などのミュージカル映画を手掛けたビル・コンドンが脚本を担当。「ラ・ラ・ランド」(17年)でアカデミー賞主題歌賞を受賞した名コンビ、ベンジ・パセックとジャスティン・ポールがオリジナルの楽曲で、ショーの世界へといざなう。

 バーナムに関わる人々のエピソードが物語を彩る。夢想家の夫に尽くす妻チャリティの揺るぎない愛。バーナムのビジネススタイルに魅了され、上流階級の生活を捨ててパートナーとなるフィリップ(ザック・エフロン)と空中ブランコのスター、アン(ゼンデイヤ)との恋はロマンチックで、2人が空中で心を通わせるシーンは夢の世界に羽ばたくようだ。

 ゴールデン・グローブ賞で主題歌賞を受賞した「ディス・イズ・ミー」は、外見や身分の違いではなく、ありのままで自分らしく生きていく心の叫びを歌い上げる。
    =1時間45分
(2018年2月17日掲載)

最近の記事