ロング、ロングバケーション

0407lonbacation.jpg
(C)2017 Indiana  Production  S.P.A
 人は病気や高齢になると、死を意識して終活に入ることがある。「ロング、ロングバケーション」は、50年連れ添った老夫婦の最後の旅を描いたロードムービーだ。

 がん治療のために入院するはずの日、エラ(ヘレン・ミレン)は夫のジョン(ドナルド・サザーランド)と共に、子どもたちに黙ってキャンピングカーで家を飛び出した。目的地は文学教師だったジョンが敬愛するヘミングウェーの家。ボストンからフロリダのキーウェストを目指すアメリカ縦断の旅が始まった。

 ロードムービーの魅力は、訪れる土地や風景を観客も一緒に楽しめること。夫婦に負けないくらい年季の入ったキャンピングカーがルート1号線を南下していく。

 キャンプ場だけでなく、時には超豪華なスイートルームを楽しみ、残り少ない人生を謳歌する2人。夜ごと見つめるのは、思い出のスライド上映だ。これまでの人生を彩った喜びや苦悩を映し出し、夫婦が歩んだ半世紀を巧みに紡ぎだす。

 軽快な旅かと思いきや、エラの病気だけでなく、ジョンも認知症が進行中。ジョンの記憶の混乱が次々とトラブルとハプニングを巻き起こすのだが、悲惨さよりもどこかコミカルで噴き出してしまう。笑って泣いて、生きることのいとおしさが切なく胸にしみてくる。

 老夫婦の冒険を明るく、時にはエモーショナルに描いたのは、「歓びのトスカーナ」(2016年)「人間の値打ち」(13年)で、イタリアのアカデミー賞を獲得したイタリアの名監督パオロ・ヴィルズィだ。

 ハリウッドからのオファーに、なかなか首を縦にふらなかった監督が、撮影の条件にしたのが2人の名優の存在だったという。アカデミー賞常連の演技派ヘレン・ミレンが気丈で夫を愛するかわいい妻に、悪役やあくの強い役柄が得意なドナルド・サザーランドが認知症の元教師にふんし、これまでとは一味も二味も違う役柄を、チャーミングに演じている。

 いつも寄り添い生きてきた夫婦が、人生の最後にどう向き合うのか。2人の決断に共感できることも多いのではないだろうか。
    =1時間52分
(2018年4月7日掲載)

最近の記事

ロング、ロングバケーション
(C)2017 Indiana …
北の桜守 ~吉永小百合120本目作 親子の愛と絆を描く
(C)2018「北の桜守」製作委員会 南…
空海 KU - KAI 美しき王妃の謎 ~原作は夢枕獏の小説 歴史ロマン冒険物語
(C)2017 New Classics…