焼肉ドラゴン ~日韓合作劇の映画化 在日一家の物語描く

0623cine.jpg
(C)2018「焼肉ドラゴン」製作委員会

 関西の地方都市でたくましく暮らす在日コリアン一家の物語「焼肉ドラゴン」は、2008年に日本と韓国の芸術劇場のコラボレーションから生まれた名作舞台劇の映画化だ。

 小さな焼き肉店を営む龍吉(キム・サンホ)と妻の英順(イ・ジョンウン)は、長女の静花(真木よう子)、次女の梨花(井上真央)、三女の美花(桜庭ななみ)の3人姉妹と末っ子の時生の6人家族である。

 亭主の名前にちなんで呼ばれる「焼肉ドラゴン」には、常連客が集まって今日もにぎやかだ。梨花と哲男(大泉洋)の結婚パーティーのはずが、雲行きが怪しくなり、けんかが始まってしまう。娘たちの恋愛や有名中学に通う時生の不登校など、夫婦の心配事は絶えない。

 韓国語特有のけたたましさと関西弁が行きかう会話の応酬は、まるで舞台劇を見ているような面白さ。戦争で片腕を失った龍吉役のキム・サンホと、子どもたちを愛してやまない肝っ玉母さん役のイ・ジョンウンには、圧倒的な存在感がある。癖のある日本語やどこかユーモラスな人間くささが魅力的だ。長屋に咲いた花のような女優たちの体当たりの演技も新鮮で、目を奪われる。

 1970年の大阪万博に沸く時代が背景で、月の石の大行列などのせりふやチューリップ形の帽子やグッズも懐かしい。その一方で、開発に伴う強制撤去が行われ、押し寄せる高度経済成長の波が、必死に生きる一家をほんろうする。

 南北に分断された祖国と日本。彼らにとって三つの国は近くて遠い。北朝鮮への帰国事業による移住は、今の私たちは結末を知っているだけに切ない。

 戯曲を執筆した鄭義信(チョンウィシン)監督が、映画版でも脚本と監督を手掛けている。鄭監督自身も在日3世で、リアルな体験から生まれたエピソードと人情味あふれるストーリーは、紀伊国屋演劇賞、朝日舞台芸術賞、読売演劇賞・大賞など数々の賞を獲得した。上演された韓国でも韓国演劇評論家協会が選ぶベスト3にランクインしている。

 日本で生きるために耐える在日の痛みと悲しみ。泣いて笑って立ち上がる強さがまぶしい。
=2時間
(2018年6月23日掲載)

最近の記事

モリのいる場所 ~画家熊谷守一の晩年 シンプルな日常描く
(C)2017「モリのいる場所」製作委員…
焼肉ドラゴン ~日韓合作劇の映画化 在日一家の物語描く
(C)2018「焼肉ドラゴン」製作委員会…
終わった人 ~定年後サラリーマン 妻に夫の存在が重く
(C)「終わった人」製作委員会 「定年っ…