モリのいる場所 ~画家熊谷守一の晩年 シンプルな日常描く

0630-shinekura.jpg
(C)2017「モリのいる場所」製作委員会

 97歳でこの世を去った画家の熊谷守一(もりかず)(1880~1977年)は、その風貌から「画壇の仙人」と呼ばれ、30年間も家の外に出なかったというエピソードの持ち主である。愛称はモリ。「モリのいる場所」は晩年の日常を描いた物語だ。

 都会とは思えないほど、うっそうと草木が生い茂る熊谷家。モリ(山崎努)は結婚して52年になる妻の秀子(樹木希林)と2人暮らし。画商や取材者など、さまざまな人が出入りしてにぎやかだ。

 家の主は朝から庭に出て、何時間も飽きずに、昆虫や石の観察に余念がない。そんな浮世離れした夫を見守る秀子は、来客をうまくさばき、夫の囲碁相手を務める。夜には、教室と呼ぶアトリエに誘導してキャンバスに向かわせる。会話はなくとも、まさにあうんの呼吸で一日が過ぎる。

 長年連れ添った夫婦を演じた名優2人は、初共演というのが信じられないほど、息がぴったり。ユーモラスで互いを思いやる夫婦の姿を見ているだけで、温かく穏やかな心に満たされる。

 静かな画面に耳をすますと、生きるものの営みの音が聞こえてくるようだ。ハチ、チョウ、アジサイや何げない草花。地べたに寝転んで、アリや池の魚を無心に眺めるモリの目で一緒に眺めていると、小さな庭がまるで広大な小宇宙のような気がしてくるから不思議だ。

 面と線だけの独特な熊谷様式という画風のままのように、余分なものをそぎ落としたシンプルな暮らしぶり。文化勲章も辞退するほど無欲で、肩の力を抜いた自然体の生き方や、ふと漏らす言葉の奥深さにひかれる。

 山崎努が憧れていた熊谷守一を、「南極料理人」(2009年)で知られる沖田修一監督が、エピソードをもとにオリジナルの脚本を書き上げている。
    =1時間39分

(2018年6月30日掲載)

(日本映画ペンクラブ会員、ライター)

最近の記事

君の名前で僕を呼んで ~男同士の禁断の恋 印象的な父の言葉
(C)Frenesy, La Cinef…
モリのいる場所 ~画家熊谷守一の晩年 シンプルな日常描く
(C)2017「モリのいる場所」製作委員…
焼肉ドラゴン ~日韓合作劇の映画化 在日一家の物語描く
(C)2018「焼肉ドラゴン」製作委員会…