バトル・オブ・ザ・セクシーズ ~男女平等への闘い キング夫人の実話

0908shinema.jpg
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 男女平等を求めて闘った伝説の女子テニスプレーヤーがいた。「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、1973年に起きた実話の映画化である。

 女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)は、女子の優勝賞金が男子の8分の1という現実に抗議して、仲間たちと「女子テニス協会」を立ち上げる。そんなキングたちに、男子元世界チャンピオンのボビー・リッグス(スティーブ・カレル)が、男性優位主義を掲げて挑戦状をたたき付けてきた。世界の注目が集まる中、男女の性差を超えた世紀の一戦が始まった。

 当時、自由の国アメリカで、白人至上主義だけでなく、男性至上主義が当然とされ、女性が自分名義のクレジットカードを持つことさえ難しかった。キング夫人ことビリー・ジーン・キングが闘ったのはそんな時代だった。

 盛りを過ぎた落ちぶれ感をにじませながら、コートの内外でビリーを小ばかにした言動で目立とうとするボビーを演じたカレルは、芸達者なコメディアンぶりを発揮している。

 「ラ・ラ・ランド」(2016年)のヒロイン役でミュージカルの才能を見せつけ、アカデミー賞主演女優賞に輝いたエマ・ストーンは、テニス未経験が信じられないほどアスリート体形に肉体を改造して、キング夫人になりきったという。

 4大大会で優勝を果たしただけでなく、女性解放運動の旗手として知られるキング夫人は、米雑誌「ライフ」が選んだ20世紀の偉大な100人の米国人に選ばれている。

 45年前の9月20日に行われた試合はテレビ中継され、コートには3万人を超す観衆が集まった。男女同権をかけて、激しいラリーを再現したテニスシーンは圧巻だ。

 監督は「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)でオスカーを受賞したバレリー・ファリスとジョナサン・デイトンの夫妻。女子テニスの歴史だけでなく、愛に苦悩するキング夫人の内面も丁寧に描ききった。当時のテニスファッションも見どころだ。
    =2時間2分
(2018年9月8日掲載)

(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で公開中

最近の記事

散り椿 ~黒沢組のカメラマン 木村大作監督時代劇
 黒沢明監督の下で数々の作品を手掛けたカ…
バトル・オブ・ザ・セクシーズ ~男女平等への闘い キング夫人の実話
(C)2018 Twentieth Ce…
検察側の罪人 ~正義とは何かを問う 人間ドラマの深みも
 人が人を裁くことで生まれる葛藤や冤罪。…