人魚の眠る家 ~東野圭吾作品映画化 生きている証しとは

1117shinekura.jpg
 (C)2018「人魚の眠る家」製作委員会


 東野圭吾さんが作家デビュー30周年を記念して著した「人魚の眠る家」。愛する娘の生死に苦悩する夫婦を描いたヒューマンミステリーの映画化だ。

 離婚寸前の播磨薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)夫妻に残酷な悲劇がもたらされる。娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明の重体に。しかも、脳死の可能性が高く回復の見込みがないという。担当の医師から、脳死を受け入れ「臓器移植提供」を希望するか、それとも生かし続けて心臓死を待つかという選択を問われ、夫婦は言葉を失う。

 2人が選んだのは奇跡を信じること。娘の介護に没頭する薫子。そして、IT機器メーカー社長の和昌は、研究員の星野(坂口健太郎)が開発中の最先端技術を応用することを思い付く。前例のない延命治療の先に、新たな問題が待ち受けていた。

 「臓器移植」という医療の進歩が、人間の生と死の境界線に混乱をもたらす。生きている証しとは脳波か心臓の鼓動か、答えを出すのは難しい。

 もし、愛する家族が魂の抜けた「生きている死体」になってしまったら。つらい現実がわが身に起きたとしたら、どう向き合えばよいのだろう。周囲の人間に生死を決める権利があるのか。そんな社会が現実になりつつある。葛藤する薫子と和昌に感情を重ねながら、思いもよらない展開に引き込まれる。

 この物語に託されたミステリーは、謎解きでもサスペンスでもない。人間の奥深く心のひだに隠された真実だ。わが子を守るために、はたから見れば、常軌を逸したように見える薫子の行動。狂気の裏に秘められた真実が明かされたとき、あまりにも深い母の愛に涙してしまった。眠り続ける娘をひたすら愛する強い母親を演じた篠原涼子の鬼気迫る演技に圧倒される。

 監督は、「天空の蜂」(2015年)に続き東野圭吾作品は2作目の堤幸彦監督が手掛けている。延命、臓器移植という重いテーマの中に、あふれるほどの人間の細やかな感情を丁寧にすくい取った見応え十分の人間ドラマだ。
=2時間
(2018年11月17日掲載)


(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中

最近の記事

アース アメイジング・デイ ~最新機材による映像 動物たちの命の賛歌
(C)Earth Films Produ…
人魚の眠る家 ~東野圭吾作品映画化 生きている証しとは
 (C)2018「人魚の眠る家…
ボヘミアン・ラプソディ ~伝説の「クイーン」名曲とともに描く
(C)2018 Twentieth Ce…