華氏119 ~米大統領選挙の背景 民主主義が向かう先

0112shinema.jpg
(C) Paul Morigi / gettyimages

 2016年11月9日、ドナルド・トランプ氏が米大統領選挙で勝利宣言をした日がタイトルになった。「華氏119」は、アポなし突撃取材で知られるマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画だ。

 女性初の大統領誕生を確信していたクリントン陣営の女性たちの笑顔が、困惑から悲鳴と涙に変わる。鉄鋼や自動車産業に従事する労働者の心をつかんだトランプ氏の選挙戦のうまさが大きな要因だった。ミシガン州フリントで、自動車組み立て労働者の息子として生まれたムーア監督は、故郷で起きた水道事業の民営化に伴う鉛混入事件も追及する。

 日本でも、自治体の水道事業で民営化を促進する改正水道法が成立。ひとごとではないエピソードだ。

 ブッシュ政権の実態に迫った「華氏911」(2004年)は、米中枢同時テロが起きた2001年9月11日をタイトルにした。同じように日付をタイトルにしたところに、何とも言えない不気味さを感じる。ムーア監督は16年7月に書いたエッセーで、トランプ氏の勝利を予見していたという。

 地球温暖化はないとうそぶき、都合の悪いニュースはフェイクニュースと非難してマスコミを排除する。自分に逆らう官僚やスタッフは解雇するというトランプ大統領の強引な手法を何度も見せつけられてきた。「自国第一」を掲げるトランプ大統領を熱狂的に支持する国民の姿に、まるでナチスドイツのファシズムと重なるような恐怖さえ浮かぶ。

 だが、ムーア監督は一方的に非難するのではなく、前オバマ政権が国民を裏切る瞬間をもとらえ、冷静に真実を見極めることの必要を促す。政治をビジネスととらえる人物の手に権力が渡ったアメリカで、民主主義はどこへ向かうのか。

 混沌(こんとん)とした時代の希望は、声を上げ始めた若者たちの存在だ。バークランドで起きた銃乱射事件で多くの友人を失った女子高生は、涙と共に、銃撃で命を奪われた怒りを沈黙の時間で抗議した。私たちもその痛みを体感できるのがこの映像のすごさだ。
=2時間8分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野千石劇場((電)226・7665)で1月18日(金)から公開
(2019年1月12日掲載)

最近の記事

クリード 炎の宿敵 ~因縁の闘いが再燃 「ロッキー」を紡ぐ
(C)2018 METRO-GOLDWY…
華氏119 ~米大統領選挙の背景 民主主義が向かう先
(C) Paul Morigi / ge…
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 ~意思を貫いた障害者 支えた人々との交流
(C)2018「こんな夜更けにバナナかよ…