バハールの涙 ~ISとの戦いに挑むクルド人女性の実話

0323shinema.jpg
(C)2018- Maneki Films-Wild Bunch-Arches Films-Gapbusters - 20 Steps Productions - RTBF (Television belge)

 過激派組織「イスラム国」(IS)の攻撃で平和を奪われた人々。イラクでは、政府が全土解放を宣言したものの、今も恐怖が暗い影を落としている。「バハールの涙」は、ISに戦いを挑んだクルド人女性と、女性戦場ジャーナリストの実話が基だ。

 戦場で片目を失ったフランスのジャーナリスト、マチルド(エマニュエル・ベルコ)は、クルド人自治区で女性戦闘部隊「太陽の女たち」のリーダー、バハール(ゴルシフテ・ファラハニ)と出会う。なぜ女性たちが前線に立つのか、取材を続けるうちに、バハールの壮絶な過去を知る。

 2014年8月、イラク北部の山岳地帯の村々がISに襲われた。弁護士として家族と幸せに暮らしていたバハールは、帰省していた故郷で襲撃に巻き込まれ、ISに捕らわれてしまう。夫を殺され、息子と引き離されたバハールは、奴隷として売られ失意の日々を送るが、息子を取り戻すため、脱出して戦闘員になった。

 脚本を手掛けたエヴァ・ウッソン監督は自ら戦地と難民キャンプに赴き、逃げ出した女性たちの体験と証言を基に、主人公のバハールを生み出した。バハールと同じように性的奴隷を強制された被害者で、人身売買の惨状と救済を世界に訴え続けた人権活動家ナディア・ムラドさんは2018年に、ノーベル平和賞を受賞している。

 カメラで真実を伝えようとするマチルドも、片目を失明しながら、世界各地の紛争を報道し続けた実在の女性ジャーナリストがモデルになっている。

 ISは、成人男性を皆殺しにし、拉致した子どもたちに3歳から人を殺すことを学ばせて聖戦主義者に仕立てるという残虐行為をしていた。

 愛する人を守るため、そして自由のために武器をとって立ち上がった女たち。過酷な過去を乗り越え、誇り高く生きる女たちの何とりりしいことか。スクリーンにはこれまでに見たことのない女たちの姿がある。愛のために戦う女は悲しくて、美しい。
=1時間51分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で3月30日(土)から公開

(2019年3月9日掲載)

最近の記事

メアリーの総て ~英女流小説家の人生 サウジ初の女性監督
(C) Parallel Films (…
バハールの涙 ~ISとの戦いに挑むクルド人女性の実話
(C)2018- Maneki Film…
まく子 ~直木賞作家の小説 監督は上田市出身
(C)2019「まく子」製作委員会/西加…