誰もがそれを知っている ~小さな村社会の怖さ 疑心暗鬼にとらわれ

0713shinema.jpg
(C) 2018 MEMENTO FILMS PRODUCTION - MORENA FILMS SL - LUCKY RED - FRANCE 3 CINEMA - UNTITLED FILMS A.I.E.

 スペインから国際派スターとなった女優のペネロペ・クルスと男優のハビエル・バルデム。ともにアカデミー賞助演賞を受賞した演技派で、実生活では夫婦という2人の共演で話題になったサスペンス映画が「誰もがそれを知っている」だ。

 妹の結婚式に出席するため、南米アルゼンチンからスペインの田舎に帰省したラウラ(ペネロペ・クルス)に不幸が襲い掛かる。パーティーの最中に娘のイレーネが失踪し、巨額の身代金が要求されたのだ。取り乱すラウラを幼なじみのパコ(ハビエル・バルデム)が支えるが、誘拐事件は思わぬ真相を見せ始める。

 スペインのきらめく太陽と陽気な人々。一族郎党が歌い踊るにぎやかな結婚パーティーのシーンから一転、画面は重い空気に包まれ暗さを増していく。愛する娘を奪われ半狂乱となるラウラも、美しい熟女から一気に憔悴し心痛に顔をゆがめる。

 本人が必死に隠そうとしても、いつしか「誰もが知っている」という小さな村社会の怖さとあきれるほどの息苦しさ。誘拐事件というサスペンスのスタイルをとりながら、底にうごめくのは人間の業だ。過去の遺恨が噴出し、互いに疑いのまなざしを向け、その振る舞いから疑心暗鬼にとらわれてゆく。

 まるで薄皮をはがすかのように登場人物の秘密が暴かれ、真実が明かされるたびに誰もが怪しく見えてきてしまう。この複雑な物語を紡ぐのは「別離」(2011年)と「セールスマン」(16年)で2度のアカデミー賞外国語映画賞を受賞したイランの名匠、アスガー・ファルハディ監督。オリジナルの脚本を自ら執筆し映像化する監督だが、15年前にスペインを旅した時に見かけた行方不明の子どもたちを探す写真から着想し、歳月をかけて脚本を書き上げたものだという。主演の2人は脚本の段階から当て書きしたというだけに、揺れる細やかな感情が見事だ。緻密な構成と巧みな展開が、ミステリータッチで濃密な人間ドラマを生み出した。=2時間13分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で公開中
(2019年7月13日掲載)

最近の記事

アルキメデスの大戦 ~戦艦の建造阻止へ 天才数学者が挑む
(C)2019「アルキメデスの大戦」製作…
誰もがそれを知っている ~小さな村社会の怖さ 疑心暗鬼にとらわれ
(C) 2018 MEMENTO FIL…
神と共に ~死後の世界を痛快に 韓国で大ヒット記録
(C)2019 LOTTE ENTERT…