カツベン! ~主人公は活動弁士 昔の無声映画再現

1214-cinema.jpg
(C)2019 「カツベン!」製作委員会

 今からおよそ100年前、映画が活動写真と呼ばれ、まだ音はなくサイレント(無声)だった時代。楽士が伴奏を奏でる中、舞台に立ち、役者のせりふに声をあて、物語を解説したのが「カツベン」こと活動弁士。日本映画ならではの語りの文化にスポットを当てた周防正行監督の最新作が「カツベン!」だ。

 その語りのうまさが劇場の人気を左右したという、まさにスーパースターのような存在だった活動弁士に子どもの頃から憧れていた俊太郎(成田凌)は有名弁士の名をかたり、泥棒一味の片棒をかつぐ偽弁士になり果てていた。

 一味から逃亡し小さな町の映画館で雑用係として働き始めるが、そこはライバル映画館に弁士を引き抜かれ、つぶれる寸前。代わりに舞台に立った俊太郎は人気弁士になり、女優を目指す初恋相手の梅子とも再会する。

 順調にみえたのもつかの間、俊太郎を追ってきた泥棒一味だけでなく、執拗(しつよう)に追跡する刑事(竹野内豊)までやってきた。

 これまでオリジナル作品を手掛けてきた周防監督が、初めて第三者の脚本を映画化した本作。見どころの一つが周防監督が一番大事にしたという、劇中に登場する無声映画の数々だ。

 「金色夜叉」「不如帰(ほととぎす)」に始まり「椿姫」「ノートルダムのせむし男」「十戒」など、監督初挑戦の時代劇から名作洋画まで、すべて監督自身が新しく撮影した。実在する作品と同じアングルで撮影し、フィルムの汚れや傷まで忠実に再現したという。大正時代の撮影シーンの面白エピソードや、ぜいたくな出演者の顔ぶれを見るのも楽しい。

 現在も活躍しているカツベンたちが弁士の指導や監修にあたり、弁士役を演ずる成田凌や、高良健吾、永瀬正敏らは徹底的にたたき込まれたそうだ。その弁士ぶりが見事だ。

 エンドロールではオリジナルの無声映画が映され、ラストまできっちりと楽しませてくれる。日本映画の歴史をたどる、周防監督ならではのこだわりあふれる、まさにエンターテインメント映画となった。

=2時間3分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)

長野千石劇場((電)226・7665)で公開中
(2019年12月14日掲載)

最近の記事

この世界の(さらにいくつもの)片隅に ~前作の隙間埋める 秘密が明かされて
(C)2019こうの史代・双葉社/「この…
カツベン! ~主人公は活動弁士 昔の無声映画再現
(C)2019 「カツベン!」製作委員会…
決算!忠臣蔵 ~金がかかる敵討ち 笑いで悲壮感消す
(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会…