ジョジョ・ラビット ~笑いと憎悪を融合 ナチの非道さ風刺

0118-shinema.jpg
(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation and TSG Entertainment Finance LLC

 あどけない10歳の少年の目を通して、ユーモアたっぷりに戦争の本質を鋭く突く―。「ジョジョ・ラビット」は、トロント国際映画祭観客賞を受賞したほか、ゴールデングローブ賞でも主要2部門にノミネートされた話題作だ。

 第2次大戦下のドイツ。ヒトラーに心酔する少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は、ナチス党の青少年組織ヒトラーユーゲントの訓練に参加する。教官からウサギを殺せと命令されるが、心優しいジョジョがひるんだため、臆病者の「ジョジョ・ラビット」と不名誉なあだ名で呼ばれるはめに。落ち込むジョジョを慰め笑顔にさせるのは、いつも前向きな母親のロージー(スカーレット・ヨハンソン)だ。ひそかにレジスタンス活動をするロージーは、自宅の隠し部屋にユダヤ人の少女エルサをかくまっていた。偶然、気づいたジョジョは混乱するが、あることを思いつく。

 孤独で気弱なジョジョがつくり出した空想上の友達は、なんとアドルフ・ヒトラーその人。なにかにつけてジョジョの周りに現れ、操ろうとするが、その極端な動きはコミカルで、「チャップリンの独裁者」(1940年)をほうふつとさせる。しかもヒトラーに扮するのは、なんとタイカ・ワイティティ監督自身だ。これまでも監督だけでなく、俳優、脚本も手掛けるマルチな才能で注目を集めている。

 「アーリア人は優秀」「ユダヤ人は下等な悪魔」「本を燃やせ!」。純真な子どもの時から教え込む、洗脳教育の恐ろしさ。大人たちまでがプロパガンダに誘導され、大義を信じ込んでいたということに、当時のドイツ全体を覆う狂気と愚かさが伝わる。笑いと憎悪を融合させナチズムの非道さを風刺するという、これまでにない切り口はコメディー映画というジャンルを飛び越えて、見事な人間ドラマになった。こんなユニークな戦争の描き方があったのかと驚かされる。

 ジョジョを演じたローマン・グリフィン・デイビスは映画初出演。受賞は逃したものの先日開催されたゴールデングローブ賞に、わずか12歳で主演男優賞にノミネートされたという天才ぶりだ。
=1時間49分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中
(2020年1月18日掲載)

最近の記事

キャッツ ~無垢な瞳が印象的 愛されたい猫たち~
 1981年のロンドン初演以来、ロングラ…
ジョジョ・ラビット ~笑いと憎悪を融合 ナチの非道さ風刺
(C)2019 Twentieth Ce…
パラサイト 半地下の家族 ~韓国社会のひずみ 貧富の格差を描く
(C)2019 CJ ENM CORPO…