母との約束、250通の手紙 ~文豪とその母の苦難と愛情の人生

0725-shinema.jpg
(C)2017-JERICO-PATHE PRODUCTION-TF1 FILMS PRODUCTION-NEXUS FACTORY-UMEDIA

 フランス文学最高峰のゴンクール賞で唯一2度受賞したフランスの文豪ロマン・ガリ。その経歴は外交官、映画監督、フランス人女優ジーン・セバーグの夫という、いくつもの華麗な顔を持つ。「母との約束、250通の手紙」はベストセラーとなったガリの自伝的小説の映画化だ。

 1924年のポーランド。ロシアからの移民でユダヤ系のニーナ(シャルロット・ゲンズブール)は、女手一つで育てる息子のロマンに呪文のように言葉をかけ続ける。「お前は将来フランスの大使になる」「お前はトルストイになる」と。貧しさにめげずビジネスに才能を発揮したニーナは、息子が社交界に出るための教育まで施すのだった。

 「男が戦う理由は三つだけ。女、名誉、フランス」の母の口癖通り、青年となったロマン(ピエール・ニネ)は自由フランス軍に従軍し、ドイツ軍との戦いに身を投じる。戦場にも毎週届く母からの励ましの手紙。幼い頃交わした母との約束をかなえるため、ロマンは波瀾万丈の物語を書き上げようとしていた。

 原作は1960年に刊行されたロマン・ガリの代表作「夜明けの約束」(日本では2017年に初めて邦訳が刊行されたばかり)。2度目の映画化となる本作は、フランスのアカデミー賞であるセザール賞で4部門にノミネートされた。

 なかでも秀逸なのは主演女優賞にノミネートされたシャルロット・ゲンズブールの驚異的な存在感だ。一歩間違うとモンスターマザーのように見えてしまうが、すべて息子を守るため。詐欺まがいの行為も臆するところがない。強烈な生きざまにあぜんとしながらも、息子への信頼と愛を貫く姿に圧倒される。父方の祖母がロシアからの移民だったというシャルロットは、なまりやユーモアのセンスなど自身のルーツを役づくりに反映させたそうだ。

 第2次世界大戦下のヨーロッパの歴史を背景に、文豪とその母の苦難と愛情の人生が描かれる。自伝の枠を超えた壮大な物語だ。
=2時間11分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で8月1日(土)から公開
(2020年7月25日掲載)

最近の記事

チア・アップ! 高齢女性チームが勇気とパワー発揮
(C)2019 POMS PICTURE…
母との約束、250通の手紙 ~文豪とその母の苦難と愛情の人生
(C)2017-JERICO-PATHE…
アンティークの祝祭 ~たたずまいが語る ドヌーブの存在感
(C)Les Films du Pois…