望み ~凶悪事件に揺れる 家族の不安と苦悩

1017-shinema.jpg
(C)2020「望み」製作委員会

 行方不明となった息子は加害者なのか、それとも被害者なのか。「望み」は、凶悪事件に揺れる家族の絆を描いたベストセラー小説の映画化だ。

 建築家の石川一登(堤真一)は、モデルハウスとしても顧客を案内する自慢の自宅に、妻の貴代美(石田ゆりこ)、高1の息子、中3の娘と暮らしている。幸せそうな家族に、ある時、暗い影が差し始める。けがでサッカー選手の夢を断たれ、夜遊びをするようになった息子・規士(ただし)(岡田健史)が冬休みのある晩、家を出たきり、行方不明に。翌日、同じ高校の男子生徒が殺害されたというニュースが流れる。あらぬうわさが飛び交い、一家に非難が浴びせかけられる。

 原作は雫井脩介。「検察側の罪人」の映画化(2018年)が記憶に新しい。執筆時に最も苦しんだというストーリー展開は、現代に生きる私たちの胸に深く突き刺さる。

 規士を犯人と決めつけ執拗で容赦ないマスコミ。手のひらを返すように冷たい周囲の目。興味本位からスマホで撮影した画像をネットにさらす心ない人々。そうした行為のなんと残酷なことか。自分の顔が見えないのをよいことに、簡単に人を傷つけあうネット社会の怖さと醜さに怒りさえ湧いてくる。

 息子の無実を信じるのか疑うのか、親であることが試される日々。夫婦は次第に異なる方向に歩み始める。家族の未来と会社を守るため社会に立ち向かおうとする父親の強さ。無償の愛を注ごうとする母親の切なさ。葛藤する両親の心情を繊細に演じる2人の表情に引き込まれてしまう。理想のキャスティングと、完成までに3年以上かかったという脚本をたたえたい。

 物語の背景に存在感を発揮しているのが郊外に建てられた豪華な家屋だ。高級家具でセンス良く整えられた心地よい住宅が日を追うごとに、家族の不安と重なるように次第に荒れ雑然としてくる。

 真実の見えないまま不安に揺れ動き苦しむ家族の息遣いを、堤幸彦監督はサスペンスタッチで濃密に描く。もしあなたなら、どんな結末を望むのだろうか。
=1時間48分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
 長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中
(2020年10月17日号掲載)

最近の記事

スパイの妻 ~先の見えない展開 不思議な感覚漂う
(C)2020 NHK,NEP,lncl…
望み ~凶悪事件に揺れる 家族の不安と苦悩
(C)2020「望み」製作委員会 行方不…
浅田家!~被災地で目にした 家族写真のドラマ
 皆さんは家族写真を撮っているだろうか?…