1117shinekura.jpg
 (C)2018「人魚の眠る家」製作委員会


 東野圭吾さんが作家デビュー30周年を記念して著した「人魚の眠る家」。愛する娘の生死に苦悩する夫婦を描いたヒューマンミステリーの映画化だ。

 離婚寸前の播磨薫子(篠原涼子)と和昌(西島秀俊)夫妻に残酷な悲劇がもたらされる。娘の瑞穂がプールで溺れ、意識不明の重体に。しかも、脳死の可能性が高く回復の見込みがないという。担当の医師から、脳死を受け入れ「臓器移植提供」を希望するか、それとも生かし続けて心臓死を待つかという選択を問われ、夫婦は言葉を失う。

 2人が選んだのは奇跡を信じること。娘の介護に没頭する薫子。そして、IT機器メーカー社長の和昌は、研究員の星野(坂口健太郎)が開発中の最先端技術を応用することを思い付く。前例のない延命治療の先に、新たな問題が待ち受けていた。

 「臓器移植」という医療の進歩が、人間の生と死の境界線に混乱をもたらす。生きている証しとは脳波か心臓の鼓動か、答えを出すのは難しい。

 もし、愛する家族が魂の抜けた「生きている死体」になってしまったら。つらい現実がわが身に起きたとしたら、どう向き合えばよいのだろう。周囲の人間に生死を決める権利があるのか。そんな社会が現実になりつつある。葛藤する薫子と和昌に感情を重ねながら、思いもよらない展開に引き込まれる。

 この物語に託されたミステリーは、謎解きでもサスペンスでもない。人間の奥深く心のひだに隠された真実だ。わが子を守るために、はたから見れば、常軌を逸したように見える薫子の行動。狂気の裏に秘められた真実が明かされたとき、あまりにも深い母の愛に涙してしまった。眠り続ける娘をひたすら愛する強い母親を演じた篠原涼子の鬼気迫る演技に圧倒される。

 監督は、「天空の蜂」(2015年)に続き東野圭吾作品は2作目の堤幸彦監督が手掛けている。延命、臓器移植という重いテーマの中に、あふれるほどの人間の細やかな感情を丁寧にすくい取った見応え十分の人間ドラマだ。
=2時間
(2018年11月17日掲載)


(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中
1110shinema.jpg
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 女王陛下の国で生まれた伝説のロックバンド「クイーン」。「ボヘミアン・ラプソディ」は、バンドの誕生からスターダムに駆け上る姿を、不滅の名曲とともに描いた音楽エンターテインメントだ。

 1970年のロンドン。フレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、ボーカルが抜けたばかりのバンドに自分を売り込む。最初は相手にしなかったギタリストのブライアンとドラマーのロジャーだったが、フレディの歌声に一瞬で心を奪われる。クイーンが生まれた瞬間だった。

 フレディの豊かな才能と、個性的なメンバーが生み出す楽曲は独創的で、次々とヒットを記録するが、メンバーとの対立からソロ活動を始めたフレディは、次第に孤独を深めていく。

 ライブ会場が足踏みと手拍子の一体感で高揚する「ウィ・ウィル・ロック・ユー」をはじめ、「伝説のチャンピオン」など名曲が流れる。栄光の光と影、かなわぬ愛と裏切り。伝記映画だけではない人間ドラマが胸を熱くする。容姿コンプレックスやセクシャルマイノリティーだったフレディに対する容赦のない記者会見シーンは残酷で心が痛くなる。

 崩壊寸前だったメンバーが、再び心を通わせたのは、20世紀最大のチャリティー音楽イベント「ライブエイド」だった。巨大なステージから舞台裏、小道具にいたるまで完璧に再現されたステージパフォーマンスは圧巻だ。

 音楽プロデューサーとして参加しているブライアンとロジャーから提供された衣装や楽器だけでなく、オリジナルの音源が使われた音楽シーンの臨場感は半端でない。

 彼らのステージの感動を、どんな言葉で伝えたらよいのだろう。熱狂するファンが会場を埋め尽くす。天を目指すように響き渡るフレディの歌声に、心が揺さぶられ、涙がこぼれる。史上最高のエンターテイナーと称された今は亡きフレディ・マーキュリーのパフォーマンスに酔いしれる。エンドロールが終わり、試写会場に拍手が鳴り響いた。なぜ彼らの音楽が、今なお人々の心をとらえて離さないのか、胸に落ちた瞬間だった。
=2時間15分
(2018年11月10日掲載)


(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中

1027shinema.jpg
(C)2017 Broad Green Pictures LLC

 1997年、キューバの老ミュージシャンたちの音楽シーンに世界が熱狂した。アメリカのギタリスト、ライ・クーダーがプロデュースしたアルバムはグラミー賞を受賞し、ドキュメンタリー映画「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(日本公開2000年)は、アカデミー賞にもノミネートされた。

 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス」は、彼らのその後の物語だ。

 あれから18年、グループのステージ活動に終止符を打つと決めたメンバーが「アディオス・さようなら」世界ツアーを行った。白人の母と黒人の父を持つ伝説の歌姫オマーラ、たばこ工場で働いていたコンバイ、遊郭のギタリスト・エリアデス、靴磨きをしていたイブライムら、カメラは苦労を重ねながら音楽を求め続けたメンバーたちの生い立ちや、音楽のルーツを捉える。

 白人と黒人の分離政策差別があり、黒人限定の社交場だった「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」が、そのままバンド名になった。

 キューバ人にとって音楽は食べ物と同じ、なくてはならないものだ。アフリカからの奴隷時代に始まり、スペインによる支配などの影響を受けて生まれた「ソン」には、ラテン音楽の魂が詰まっている。

 つえがないと歩けない年齢となって有名になった彼らだが、演奏が始まると、たちまちかっこいいミュージシャンに変身する。円熟味のある歌声と演奏。「キューバ音楽のレジェンド」である彼らの存在は、キューバの歴史そのものだ。

 大ヒットした「チャン・チャン」は何度聞いても素晴らしい。字幕でしか分からないのが残念だが、歌詞に込められた意味の重さが深い感動を呼び覚ます。

 前作でメガホンをとった名匠ビム・ベンダースが製作総指揮に回り、新たにドキュメンタリー映画に手腕を発揮するルーシー・ウォーカー監督が彼らと旅をし、最後の雄姿をカメラに収めた。

 誰もが人生でいつか輝くときがある。そして誰にでも必ず訪れる死。最後の瞬間まで音楽の女神に愛された彼らの姿を見ることは、なんと至福の時なのだろう。
=1時間50分
(2018年10月27日掲載)

(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野千石劇場((電)226・7665)で公開中
1020shinema01.jpg
(C)2018 若松プロダクション

 時にはピンク映画の旗手として、時には「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)」(2008年)などで社会に鋭い視線を投げ掛けた若松孝二監督。常に何ものかと闘った若松監督が、2012年10月17日に交通事故で死去してから6年がたった。

 監督が守ってきた若松プロダクション再始動の第1作が「止められるか、俺たちを」である。若松監督の下でたたき上げてきた白石和彌監督が、メガホンをとった青春群像劇だ。

 1969年、助監督志望の吉積めぐみ(門脇麦)は、新宿にある若松監督(井浦新)の独立プロダクションに弟子入りした。撮影現場で監督の容赦ない罵声を浴びながら、女優としてカメラに納まり、雑用をこなす。監督の下に、才気に満ちた男たちが集まり、熱論を交わす日々。次第にめぐみの中で焦りと不安が芽生え始める。

 76歳で生涯を閉じた若松監督の人生の何とドラマチックなことか。「どこかでもう一度、若松監督の声が聴きたい」と、白石監督は生誕80周年を機に企画をスタートさせた。

 男社会の当時、珍しかった女性監督の吉積さんの視点を通すことで、若松監督の意外な素顔が見えてくる。映画に対する真っすぐな姿勢。ピンク映画を撮りながら、女性の裸も血も嫌いだったという若松監督。白石監督はこの映画で、好きなことをぶれずにやり続けた若松監督はエネルギーの塊のようだったと、すごさを実感したという。

1020shinema02.jpg
 「憧れの存在だった恩師を演じることは想像していなかったが、演じられるのは自分しかいないだろうと思った」と、井浦は語る。頭で考えた小手先の芝居を嫌い、役者を緊張させることで一瞬の芝居を導き出す。撮影現場で自身が経験したことが、そのまま若松監督の役作りとなった。

 「文句を付けようがないほど素晴らしく、面影を見た」と白石監督。若松作品に出演した奥田瑛二や高良健吾、「キャタピラー」(2010年)でベルリン国際映画祭の主演女優賞を受賞した寺島しのぶらが顔を見せている。
=1時間59分

長野ロキシー((電)232・3016)で10月27日(土)から公開。
 初日と28日(日)に、脚本の井上淳一さんが舞台あいさつ。

(2018年10月20日掲載)

写真=白石監督(左)と井浦新
1013shinema.jpg
(C)2018『ハナレイ・ベイ』製作委員会

 村上春樹原作の「ハナレイ・ベイ」は2005年に発表された「東京奇譚集」の連作短編小説の一つ。「ノルウェイの森」以来、村上作品の映画化2作目だ。

 ピアノバーを経営しながら一人息子のタカシ(佐野玲於)を育ててきたシングルマザーのサチ(吉田羊)に突然、息子の訃報が届く。ハワイのカウアイ島でサーフィン中にサメに襲われ、右脚を食いちぎられて亡くなったという。

 遺骨を胸に日本に帰る途中、ハナレイ・ベイに立ち寄ったサチは、海辺の大きな木の下で読書をして過ごす。以来、命日の時期になると、同じ場所を訪れ読書をしていた。10年目のある日、偶然知り合った若い2人の日本人サーファーから、片脚の日本人サーファーの存在を聞かされ、激しく動揺する。

 文学を映像で味わう楽しみ。この作品にはそんな出合いがあるが、そこには確かな力量が試される。文庫本のわずか42ページの短編に凝縮された濃密な時間。脚本も手掛けた松永太司監督は、予算の都合でオアフ島での撮影を提案されていたが、作者が大切にしているハナレイ・ベイで撮影する意思を貫いたという。

 変わらない日常を、突然奪われたサチを演じた吉田羊も、母親としての複雑な感情を、せりふを超えたこれまでにない表情で見せつける。息子の死に直面しても冷静さを装い、淡々と乗り越えたかのように見えるサチの内面と苦悩が吐露される。

 およそ500万年前、ハワイ諸島で最初にできた最北端のカウアイ島は、魂が目覚めるスピリチュアルな癒やしの島として知られ,神聖な伝説も多いという。ハワイ語で三日月を意味するハナレイ・ベイは、世界有数のサーフスポットで、多くのサーファーが訪れる。日本人青年の三宅をプロサーファーの佐藤魁が演じて、華麗な技を披露している。

 「ジャップ」と蔑称を口にし、「パールハーバーを忘れるな」と怒りをあらわにするアメリカ人が登場する。命を奪い合う戦争の記憶、人間を不幸にする現実が突きつけられる一瞬だ。

 余談だが、ミュージカル映画「南太平洋」のロケ地としても有名な島である。
=1時間46分
(2018年10月13日掲載)

(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で10月19日(金)から公開

0929shinekura.jpg
(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED, RELIANCE BIG ENTERTAINMENT(US) INC., BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE AND BEND IT FILMS LIMITED, 2016

 第2次大戦で国力が疲弊したイギリスは1947年、植民地だったインドの独立を認めた。「英国総督 最後の家」は、独立前後の激動のインドを舞台に、人々の思いを描いた人間ドラマだ。

 主権譲渡の任務を託され、最後のイギリス総督に就いたマウントバッテン卿(ヒュー・ボネビル)は、妻エドウィナ(ジリアン・アンダーソン)と共に、首都デリーにやってきた。

 インド人指導者たちとインドの未来にとって最善の道を模索しようとするが、それぞれの主張は対立を深め、交渉は困難を極めていた。統一か分離か、ヒンズー教徒とシク教徒が統一インドを、ムスリム連盟はパキスタン建国を願い、人々の対立は内乱を巻き起こす。

 歴史的な決断はいかになされたのか。人道的なガンジー、インドの初代首相となったネール、パキスタンの建国者ジンナーという3人の重要人物がまるでよみがえったかのように、時代を再現する。

 しかし、国を選ぶことで移動する住民への略奪や暴行が頻発した。百万人ともされる犠牲者が出た無差別大虐殺のニュース映像は、あまりにも悲惨だ。

 政治ドラマとともに描かれる総督秘書のインド人青年ジートと邸宅で働く美しい娘アーリアとの恋も、歴史の波にのみ込まれていく。植民地という呪縛から逃れても、信仰や身分制度が若者たちの恋の行く手を阻む悲しさがインドの現実だ。

 総督官邸では、白いユニホームを着た500人もの使用人が出迎える。200年も支配した総督たちの写真が壁に並び、インド女帝となったビクトリア女王の胸像がいかめしい。壮麗な邸宅で、イギリスが栄華を享受していたことが分かるシーンだ。現在、インド大統領官邸となっている本物の総督の家で特別に撮影が許可され、マウントバッテン家とスタッフが一同に並んだ映像は壮観だ。

 脚本も手掛けたグリンダ・チャーダ監督は、難民キャンプを体験した祖父母たちのファミリーヒストリーとしても、インド人の苦しみや悲しみ、喜びの歴史と向き合った。混迷の歴史の裏側を知る貴重な作品だ。
=1時間46分
(2018年9月29日掲載)


(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で10月6日(土)から公開
0922shinekura02.jpg
 黒沢明監督の下で数々の作品を手掛けたカメラマン木村大作が、初めての本格時代劇に挑戦した。日本アカデミー賞受賞の「剣岳 点の記」(2009年)、「春を背負って」(14年)に続く監督3作目。直木賞作家、葉室麟の「散り椿」を、愛の物語として映画化した。

 上役の不正を訴えたことが原因で扇野藩を追われた瓜生新兵衛(岡田准一)が8年ぶりに戻ってきた。共に故郷を離れて病に倒れた妻、篠(麻生久美子)の最後の願いをかなえるためだった。

 かつて平山道場の四天王と呼ばれた親友であり、恋敵でもあった榊原采女(西島秀俊)とは、不正事件によって袂を分かっていた。篠の妹・里美(黒木華)と藤吾(池松壮亮)姉弟の下に身を寄せて真相を探る新兵衛を、城代家老の石田玄蕃一味が付け狙う。

 「黒沢監督の伝統を汚さないように、一歩でも近づきたい。いまだに何か迷うと、黒沢さんならどうするかと考える」。キャンペーンで長野を訪れた木村監督は、時代劇への熱い思いをこう語る。木村監督のために、同じ黒沢組出身の小泉堯史監督が、脚本を手掛けている。

 「鬼の新兵衛」と恐れられた男はどんな剣の使い手なのか。「今まで見たことがない殺陣でやりたい」という監督の注文に、岡田准一が見事に応え、スピード感あふれる鮮やかな剣さばきを見せる。初めはかたくなだった藤吾が、次第に新兵衛に心酔し、雪の中で一緒に稽古をするシーンは、まるで舞を見るかのように、静かで美しく印象的だ。

 愛する女性のために命をかけて戦うラブロマンスに、時代劇ならではのチャンバラの面白さを加えて、物語は壮絶な終末へと向かう。

 富山をメインに、長野の松代など全編オールロケを敢行。1年かけてやっとカメラに収めたシーンもあるという四季の映像美は高く評価され、モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別グランプリを受賞した。
=1時間52分
(2018年9月22日掲載)

(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野グランドシネマズ((電)233・3415)で9月28日(金)から公開

写真=木村大作監督
0908shinema.jpg
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 男女平等を求めて闘った伝説の女子テニスプレーヤーがいた。「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」は、1973年に起きた実話の映画化である。

 女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キング(エマ・ストーン)は、女子の優勝賞金が男子の8分の1という現実に抗議して、仲間たちと「女子テニス協会」を立ち上げる。そんなキングたちに、男子元世界チャンピオンのボビー・リッグス(スティーブ・カレル)が、男性優位主義を掲げて挑戦状をたたき付けてきた。世界の注目が集まる中、男女の性差を超えた世紀の一戦が始まった。

 当時、自由の国アメリカで、白人至上主義だけでなく、男性至上主義が当然とされ、女性が自分名義のクレジットカードを持つことさえ難しかった。キング夫人ことビリー・ジーン・キングが闘ったのはそんな時代だった。

 盛りを過ぎた落ちぶれ感をにじませながら、コートの内外でビリーを小ばかにした言動で目立とうとするボビーを演じたカレルは、芸達者なコメディアンぶりを発揮している。

 「ラ・ラ・ランド」(2016年)のヒロイン役でミュージカルの才能を見せつけ、アカデミー賞主演女優賞に輝いたエマ・ストーンは、テニス未経験が信じられないほどアスリート体形に肉体を改造して、キング夫人になりきったという。

 4大大会で優勝を果たしただけでなく、女性解放運動の旗手として知られるキング夫人は、米雑誌「ライフ」が選んだ20世紀の偉大な100人の米国人に選ばれている。

 45年前の9月20日に行われた試合はテレビ中継され、コートには3万人を超す観衆が集まった。男女同権をかけて、激しいラリーを再現したテニスシーンは圧巻だ。

 監督は「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)でオスカーを受賞したバレリー・ファリスとジョナサン・デイトンの夫妻。女子テニスの歴史だけでなく、愛に苦悩するキング夫人の内面も丁寧に描ききった。当時のテニスファッションも見どころだ。
    =2時間2分
(2018年9月8日掲載)

(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で公開中
 人が人を裁くことで生まれる葛藤や冤罪。「検察側の罪人」は、正義とは何かを鋭く問い掛ける雫井脩介の問題作を、原田真人監督が監督、脚本を手掛けた社会派ミステリーだ。

 エリート検察官の最上(木村拓哉)の下に、研修時代に指導をした若手検事の沖野(二宮和也)が配属されてきた。老夫婦殺人事件を担当した最上は、容疑者リストの中に、時効になっていた未解決事件の重要人物だった松倉の名前を見つけ、悲しい記憶をよみがえらせる。

 松倉は女子中学生殺人事件の第一容疑者でありながら、証拠不十分で法の手を逃れていた男だった。最上は闇社会のブローカー諏訪部(松重豊)を利用して、執拗に松倉を追い詰めていくが、捜査の流れに不自然さを感じた沖野は、次第に疑念を募らせる。

 犯人逮捕のために強引なストーリーを作る検察に対抗して、弁護側もアナザーストーリーで対抗する恐ろしさ。冤罪が生まれる過程を垣間見ることができる。

 司法が罰することができなかった犯人に自ら刑を下そうとする最上。趣味が、裁判官が判決を下す木づちの収集というのも、法の執行に誇りと執念をかける思いが伝わってくるようだ。

 有能な最上に心酔しながらも対立し、互いの信念を賭けて戦う2人の検事を演じた木村拓哉と二宮和也が静かに火花を散らす演技も見どころだ。脇役の顔ぶれも素晴らしいが、特に、不遜な態度で死者を冒涜する松倉役の酒向芳は、あまりの不快感で怒りがこみ上げ、演技ということを忘れてしまうほどの怪演である。

 都会の風景が合わせ鏡のように、境界線上で天地に映し出されるオープニング。真実とうそ、善と悪、被疑者はシロかクロか。作品のテーマを切り取ったかのような映像に被害者が愛したダイナ・ワシントンの曲が重なる。

 最上の祖父は、多くの兵が命を落とした旧日本軍のインパール作戦の生き残りだった。祖父の体験をつづった「白骨街道」というエピソードも、印象的に絡み合う。原作に人間ドラマとして深みを与える原田監督ならではの世界観に引き込まれる。心に突き刺さる重厚なサスペンスだ。
=2時間3分
(2018年8月18日掲載)

長野グランドシネマズ((電)233・3415)で8月24日(金)から公開
0728shinekura.jpg
(C)2017 CJ E&M CORPORATION,SIREN PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

 1636年、清が朝鮮に侵攻し、朝鮮王朝で最も熾烈な戦いと言われる「丙子(へいし)の役」が勃発した。これを描いた「天命の城」は、韓国のベストセラー作家キム・フンの大作を映画化した本格時代劇である。

 清の大軍が攻撃してきたため、李氏朝鮮時代第16代国王の仁祖(パク・ヘイル)は、王の避難所である南漢山城へ逃げ延びた。敵軍に完全包囲され、冬の厳しい寒さと飢えに直面した朝廷は、降伏か抗戦か意見が紛糾する。

 大儀と名誉を重んじ徹底抗戦を唱えるキム・サンホン大臣(キム・ユンソク)に対し、清の軍事力を知るチェ・ミョンギル大臣(イ・ビョンホン)は国と民を守るためと和平交渉を進言。異なる意見に国王は苦悩するが、王子を人質に要求され、ついに決意するのだった。

 12万人の清軍に対し、朝鮮軍はわずか1万3千人。劣勢の中で、国の天命を賭けた戦いが始まった。

 自分たちは泥をかぶらず、口先だけで進言する大臣たちに振り回される王。韓国の歴史ドラマでよく見るシーンだが、いかに正しい決断を下すか、国のリーダーはどうあるべきか、王の力量が問われる瞬間だ。

 仁祖が失政を犯すほど、激論を交わした2人の大臣。対立しながらも共に忠誠心に厚い臣下を演じたキム・ユンソク、イ・ビョンホンの名優をはじめ、韓国映画界の演技派たちの熱い演技に圧倒される。

 朝鮮王朝時代の身分差別の厳しさと悲しみ。ファン・ドンヒョク監督は命をないがしろにされ、権力に抑圧された民衆の心理も丁寧に描きだす。怒濤(どとう)のごとく、清軍が城に攻め込むシーンでは、建物や衣装から小物まで忠実に再現。史実に合わせて極寒の中で5カ月かけて撮影したという臨場感あふれる映像も見どころだ。

 サウンドトラックを書き下ろしたのは日本の坂本龍一。監督の希望で韓国の伝統音楽に斬新さを加えることを心掛けたという。

 かつて中国や日本の軍門に下り、属国を余儀なくされた屈辱の歴史がある韓国。戦禍で荒廃した国土を復活させてきた今の韓国を知る上で、この戦いは興味深い。
=2時間19分

(2018年7月28日掲載)