0123-cinema.jpg
(C)2020 「五代友厚」製作委員会

 「天外者」と書いて「てんがらもん」と読む。(薩摩(さつま)弁ですさまじい才能の持ち主という褒め言葉なのだそうだ。近代日本経済の基礎を築き、希代の天外者と呼ばれた実業家五代友厚(ともあつ)の波瀾(はらん)万丈の人生を描いたのが本作だ。

 五代友厚(三浦春馬)は、少年時代から頭脳明晰(めいせき)で、11代薩摩藩主島津斉彬公に「才助」と呼ばれた。薩摩藩から派遣された長崎海軍伝習所では、坂本龍馬(三浦翔平)や岩崎弥太郎(西川貴教)と出会い、親交を深める。イギリス留学で産業革命を目の当たりにし、明治維新後の殖産興業に力を注ぐ。

 幕末から明治時代にかけて激動の時代を駆け抜けた五代。貪欲に世界を学び、欧米列強の脅威から日本を守り、日本の近代化を推し進めていった。日本に必要な経済力を高めるために官界を去り、大阪の商法会議所や株式取引所の創設など財界の発展に尽力した。その躍進の陰には、遊女はるとの恋、のちに妻となる豊子(蓮佛美沙子)との出会いなど、五代を支える女性たちとのドラマがあった。

 これまであまり知られていなかった五代だったが、数年前、NHKの連続テレビ小説「あさが来た」に登場し、一躍知名度を上げた。
映画化に当たっては市民有志がプロジェクトを立ち上げ、7年の歳月をかけて公開にこぎつけたという。

 高い志、大胆な行動力と並外れた賢さで周囲を魅了した五代。大久保利通、勝海舟、伊藤博文、西郷隆盛ら歴史上の名だたる人物との青春群像劇を繰り広げる。

 田中光敏監督は、五代のキャスティングに当たり、芯があり美しい人として三浦春馬を選んだという。五代の熱い生きざまと重なるような輝く瞳と笑顔の美しさ。だが昨年7月、自ら人生の幕を引いてしまった。享年30の若い死。

 亡くなった後も出演作が次々と公開され、多彩な役柄をこなす才能を惜しむ声が後を絶たない。本作に息づく彼の演技の素晴らしさは、遺作と呼ぶにふさわしい。エンドロールの最後に映し出された死を悼む言葉に涙してしまった。
=1時間49分
 (日本映画ペンクラブ会員、ライター)
 長野千石劇場((電)226・7665)で公開中
(2021年1月23日号掲載)
0116-cinema.jpg
(C)Lilies Films.

 現代と異なり女性が画家として生きることが難しい時代があった。「燃ゆる女の肖像」は、一枚の絵に隠された禁断の愛の物語だ。

 18世紀、革命前のフランス。画家のマリアンヌ(ノエミ・メルラン)はブルターニュにある孤島に降り立った。島の館に住む伯爵夫人から、娘エロイーズ(アデル・エネル)のお見合い用の肖像画を描いてほしいと招かれたのだ。修道院から呼び戻されたエロイーズは、急死した姉の身代わりに見知らぬ男と結婚することに反発し、前に雇われた画家には決して肖像画を描かせようとしなかったという。マリアンヌは散歩の相手のふりをしながらエロイーズを観察し、記憶で肖像画を仕上げようとしたが進まない。真実を告白すると意外にもエロイーズはモデルになることを承諾する。

 画家としてモデルを見つめるマリアンヌの真剣なまなざしに、挑むかのように見つめ返すエロイーズ。互いの心を探るように2人が交わしあう視線の、なんとエロティックで雄弁なことか。いつしか引かれ合う2人に交わす言葉はいらない。魅惑的なまなざしに心を射抜かれるようだ。

 語らう2人が過ごす濃密な時間。音楽や文学の知識の深さに魅了される。男か女かに関係なく、人はこうして恋に落ちてゆくのかと、新鮮な驚きに満ちている。ギリシア神話の「オルフェの竪琴」が象徴的に引用される。亡くなった妻を冥界から連れ出しながら、振り返ってはならないという約束を守り切れず、再び妻を失う吟遊詩人の物語が、別れを約束された、許されない愛を燃え上がらせる。

 撮影は、往年のままの姿をとどめる実在する孤島の城で行われた。島の女たちの祭りのたき火の炎。白い波しぶきを上げる断崖。マリアンヌの赤とエロイーズの緑のドレス。色のコントラストがいくつもの印象的な映像を生み出してゆく。

 脚本も手掛けたセリーヌ・シアマ監督が紡ぎ出す、格調の高さと荒々しさをまとった愛の物語は、カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞。さらにLGBT(性的少数者)などをテーマにした作品に贈られるクィア・パルム賞を女性監督として初めて受賞した。=2時間2分

 (日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野千石劇場((電)226・7665)で1月29日(金)から公開

(2021年1月16日号掲載)
0109-cinema.jpg
(C)「ミセス・ノイズィ」製作委員会

 テレビのワイドショーなどで伝えられる隣人トラブル。もし隣にお騒がせな人物が住んでいたら...。「ミセス・ノイズィ」は、隣人による騒音トラブルに巻き込まれた家族を描いた、どこかおかしくて悲しい人間ドラマだ。

 郊外のアパートに越してきた子育て中の小説家、吉岡真紀(篠原ゆき子)はスランプに陥り執筆が進まない。しかも引っ越し早々、朝からベランダで激しく布団をたたく住人、美和子(大高洋子)に注意したことで、険悪な状態になってしまう。

 不満を相談しても反応が鈍い夫の裕一とも、次第に心に隔たりができてゆく。我慢の限界を超えた真紀はついに美和子とやり合うが、2人のバトルが撮影され瞬く間にネットに拡散。一躍、時の人となった真紀に仕事の依頼が舞い込み復活したかに見えたが、バトルの先には思いがけない結末が待ち受けていた。

 2000年代にテレビのワイドショーで取り上げられた「騒音おばさん」事件をモチーフに、脚本も手掛けた天野千尋監督が普段から目にした争い事をヒントにしたのだそうだ。

 さらに黒澤明監督の「羅生門」もモチーフにして、作品に仕掛けたいくつものエピソードとドラマが、万華鏡のように物語の姿を変えてゆく。思い込みや行き違いが生み出す混乱の数々を、オリジナリティーあふれる大団円へと導く天野監督の手腕に脱帽だ。

 隣人夫婦役の2人はオーディションで選ばれたそうだが、普段は舞台で活躍していて露出が少ないせいか、リアルな存在感が怖いほど。

 「ミセス・ノイズィ」とは、騒音おばさん事件が海外で報道された時に使われたタイトルなのだそうだ。大高洋子扮(ふん)する騒音おばさんの演技は圧巻だ。

 持ち上げたと思ったら、さっと手のひらを返すネット社会の残酷さ。顔が見えないのを良いことに誹謗(ひぼう)中傷を繰り返し「SNSは大炎上」。平然と傷つけあう現代社会の乾いた空気と、隣人同士の仁義なき戦いの生々しさのギャップが面白い。

 主人公と一緒に怒り、笑い、涙ぐむ。あらためて人間性とは何かを突き付けてくる社会派エンターテインメントだ。
    =1時間46分(日本映画ペンクラブ会員、ライター)

長野千石劇場((電)226・7665)で公開中

(2021年1月9日号掲載)
0101-cinema.jpg
(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣が著し、2016年刊行後、50万部を超えるベストセラーとなった絵本「えんとつ町のプペル」。読み聞かせや朗読劇、舞台化もされた原作を基に、さらに大きなスケールで描かれたのが「映画 えんとつ町のプペル」だ。

 ハロウィーンの夜に現れたごみ人間。お祭りが終わると子どもたちは仮装を脱ぎ捨てるが、ごみ人間は仮装ではなく本物だった。怪物が現れたと町中大騒ぎ。逃げ出したごみ人間を助けたのは煙突掃除の少年ルビッチだった。

 友達のいないルビッチを心配する母親を安心させるため、ごみ人間を「ハロウィーン・プペル」と名付け、友達に仕立て上げる。心を開いたルビッチが打ち明けたのは、1年前に亡くなった父親がいつも語っていた星のお話。閉ざされた町の空にあるはずの星を目指してついに冒険の旅へと出発する。

 二つの孤独な魂がふれあった時、物語は新たに動き出す。絵本でおなじみのストーリーは、全10章からなる長い原作の一部を載せただけという映画版の新たな展開に驚かされる。

 夢に向かって走り出すルビッチとプペルの行く手を阻むのは、いじめっ子たちだけでなく、真実を隠そうとする統治者たち。異端審問会に追われて、町の中から地中の鉱山へと縦横無尽に駆け巡る逃走劇は、人々の暮らしや町の様子を余すことなく映し出す。躍動感とめりはりのある展開に物語の世界へと一気に引き込まれてゆく。

 3DのCG(コンピューターグラフィックス)から生み出される幻想的な町の風景の美しさ。朝から晩までにじむような人工的な明かりきらめく絵本の世界観を背景に、映画版では、友情と家族の絆が心に染みてくる。

 キャラクターたちに命を吹き込むのは、プペル役の窪田正孝、ルビッチ役の芦田愛菜をはじめ、立川志の輔、小池栄子ら。豪華な顔ぶれのボイスキャストも見どころの一つだ。

 新型コロナウイルス感染の不安と閉塞感に包まれた2020年。先の見えない世界は、まるで黒い煙に覆われたえんとつ町のようだ。

 2021年の始まりに勇気と冒険の物語がメッセージを届けてくれる。「信じれば、世界は変わる」

   =1時間40分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中
(2021年1月1日号掲載)
1219-cinema.jpg
(C)2018 DEFINITION DELAWARE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 41万語以上を収録し、1928年の初版刊行までに70年以上の歳月を費やしたという「オックフォード英語大辞典」。「博士と狂人」は、世界最高峰と称される英語辞典がどのように誕生したのかを描いたベストセラーノンフィクションの映画化だ。

 貧しい家庭に育ち、独学で言語学博士となったマレー(メル・ギブソン)は、オックスフォード大学から英語辞典の編集責任者に抜てきされた。古語、新語、俗語、外来語など膨大な数の語句の意味と変遷、用例の収録を目指すマレーは、専門家だけでなく一般の人々にも協力を呼び掛ける。

 遅々とした作業は困難を極め、苦境に立たされたマレーだったが、多量の言語カードが届き、編集は一気に前進する。救世主の正体は、精神病院に拘禁中の殺人犯ウィリアム・チェスター・マイナー(ショーン・ペン)だった。

 互いの才能を認め合う2人にやがて不思議な絆が生まれてゆくが、マイナーの存在が世間に知られたことで国家的プロジェクトは暗礁に乗り上げてしまう。

 大英帝国の威信を懸けた辞典の礎を築いたのが、スコットランド生まれのマレーとアメリカ人のマイナーという驚くべき事実。マレーと正反対に裕福な家庭で育ち、エリート軍医だったマイナーがなぜ殺人犯となったのか。壮絶な戦争体験から幻影に苦しむ男が出合う狂気と愛がドラマチックに秘話を彩る。正気と狂気の間を漂うマイナーをペンが魅力的に演じている。

 2人の天才の物語が1998年に刊行されるや、映画化に手を挙げたのがメル・ギブソンだった。実現にはさらに20年近い月日を要するのだが、妥協を許さない彼の情熱が名作を生み出した。 

 同じく辞書の製作に挑んだ人々を描いた作品に日本アカデミー賞最優秀作品賞に輝いた「舟を編む」(2013年)がある。両作品に共通することは、国も言語も違っても「言葉は生きている」ということだ。生まれ続ける言葉との終わりなき旅を描いた知的なヒューマンドラマになった。
=2時間4分

(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で26日(土)から公開

(2020年12月19日号掲載)
1212-shinema.jpg
(C)  2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

 1982年生まれの韓国の女性で最も多い名前と言われる「キム・ジヨン」を主人公にした韓国の小説「82年生まれ、キム・ジヨン」。日韓両国でベストセラーとなった作品が映画化された。

 キャリアウーマンに憧れながら、結婚・出産を機に退職したキム・ジヨン(チョン・ユミ)。育児と家事に追われる日々の中で以前の女性上司が独立し起業したことをきっかけに再就職の道が開ける。だが子どもを預ける先が見つからず、落胆したジヨンに奇妙な言動が目立つようになる。妻の言動に違和感を覚えていたデヒョン(コン・ユ)は精神科医に相談するが、ジヨン本人の受診が必要だと言われる。

 韓国の家庭では男の進学が最優先で、女は家計を助けるために働くのが美徳とされ、抑圧される女性たち。この物語に描かれる男尊女卑の実情に正直驚いたが、女性に負担を強いる社会の在り方は、日本もまた同じく根強いとも思った。

 周囲の評価に振り回されて、良い妻であり、母であり、嫁であることを演じ、自らを追い込んでしまうジヨンの姿が痛々しい。心が壊れてしまった妻を理解しようと尽くすデヒョンの夫としての優しさが、ジヨンに伝わらないもどかしさ。

 2人の子の母親でもあるキム・ドヨン監督は、生きづらさに悩み、苦しむ女性たちに寄り添いながら繊細にジヨンの人生をなぞってゆく。

 原作者のチョ・ナムジュは、ドキュメンタリー番組を手掛ける放送作家としての経歴を持つ。リサーチ力から描かれたヒロインの現状が、多くの女性たちの共感を呼んだ。

 日本でも1億総活躍社会をうたい、女性が輝くことを掲げる政府だが、現実問題との落差を覚える女性も多い。「保育園落ちた。日本死ね!」と書いた母親のブログから、待機児童問題がクローズアップされたことも記憶に新しい。新型コロナ感染拡大から、生きづらさを増幅させる日本社会。何人のジヨンがいるのだろうか。
   =1時間58分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で公開中
(2020年12月12日号掲載)
1114-shinema.jpg
(C)TRADEMARK (RED JOAN) LIMITED 2018

 米アカデミー賞助演女優賞をはじめ、数々の受賞、ノミネート歴のあるイギリスの大女優、ジュディ・デンチ。「007」シリーズのジェームズ・ボンドの上司M役でもおなじみだが、「ジョーンの秘密」で演じたのは実在した元スパイだ。

 原作は、旧ソ連のスパイだったことを生涯にわたって巧みに隠し通してきた女性メリタ・ノーウッドの実話を基に書かれたベストセラー小説。

 2000年5月、イギリスの郊外で穏やかに暮らすジョーン・スタンリー(ジュディ・デンチ)は、突然訪ねてきたMI5(英国保安局)に逮捕される。容疑は核の機密情報を旧ソ連に流したこと。「核時代最後のスパイ」が80代の老女だったことに社会は衝撃を受ける。

 捜査官の取り調べは1938年までさかのぼる。そこにはケンブリッジ大学で物理学を学ぶ若き日のジョーン(ソフィー・クックソン)の姿があった。

 聡明(そうめい)で美しいジョーンの恋と友情、そして強い信念の心の軌跡とともに、祖国イギリスへの裏切り行為がドラマチックにつづられてゆく。

 どうやってばれずに危機を乗り越えるか。緊張感にハラハラするのもスパイ映画の一面を持つ本作ならでは。ジョーンの心を奪うレオ役のトム・ヒューズのカリスマ的な魅力にも引きつけられる。 

 ジュディ・デンチに出演を決意させたのは、舞台演出家としてトニー賞やローレンス・オリビエ賞など数々の賞に輝くトレバー・ナン監督。

 イギリスが米国、カナダと共同で原爆を開発・製造するため科学者や技術者を動員したマンハッタン計画。その任務に関与した者がスパイだったとは―。「ジョーンのとった行動は正しかったのか」。トレバー監督はそう問いかけたいと語る。

 原爆を投下されたヒロシマの悲劇を記録したニュースフィルムがスクリーンに映し出され、心が痛む。原作のモデルのメリタは、スパイとなったきっかけはヒロシマにあったと語ったそうだ。

 50年間も裏の顔を隠し、「ばあばスパイ」と呼ばれたメリタは2005年、93歳でこの世を去った。
=1時間41分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
長野ロキシー((電)232・3016)で公開中
(2020年11月14日号掲載)
1024-shinema.jpg
(C)2020 NHK,NEP,lncline,C&I

 戦時中の日本で、愛か大義かで揺れ動く夫婦を描いた「スパイの妻」(黒沢清監督)。世界3大映画祭の一つ、べネチア国際映画祭で、銀獅子賞(監督賞)を受賞した話題のラブサスペンスだ。

 神戸で貿易会社を経営する福原優作(高橋一生)と妻の聡子(蒼井優)は幸せに暮らしていた。太平洋戦争勃発の前年の1940年、仕事で満州(現・中国東北部)へ渡った優作は、日本軍が現地で恐ろしい実験をしていることを偶然知り衝撃を受ける。帰国した夫の変化に違和感を覚える聡子は、憲兵の分隊長となった幼なじみの泰治(東出昌大)から、夫にスパイ容疑がかけられていると告げられる。

 国家機密を知ったことでスパイと疑われた夫の妻の話なのか、疑心暗鬼で夫の行動をスパイのように探るようになった妻の話なのか、先の見えない展開と不思議な感覚が漂う。夫を変えた女性の存在を知り、密かな嫉妬の炎を燃やし思いがけない行動をとる妻。柔順に見えた妻が見せる情熱と信念に周りが翻弄(ほんろう)されてゆく。

 その時代の空気感に一気に引き込んでゆくのが、「第三の男」を思わせるようなモノクロの映像とストーリーだ。映画好きの優作が妻の聡子をヒロインに、趣味で撮影した短編映画のタイトルが「スパイの妻」。このフィルムがもう一人の主人公となって物語をミステリアスに彩る。

 貿易商という恵まれた環境で、ぜいたくな調度品に囲まれた暮らし。三つぞろえのスーツや華やかな着物に洋装のワンピースなど、時代を再現するために監督が細部までこだわったという美術や衣装も見どころの一つだ。

 軍の監視や統制で穏やかな日常が失われ、戦争に巻き込まれていったあの時代の恐怖がじわりとにじむ。

 戦争という負の歴史を舞台に、夫への愛を貫こうとする妻の繊細な心理を捉えた愛のドラマとなった。
=1時間55分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター) 長野ロキシー((電)232・3016)で公開中
(2020年10月24日号掲載)
1017-shinema.jpg
(C)2020「望み」製作委員会

 行方不明となった息子は加害者なのか、それとも被害者なのか。「望み」は、凶悪事件に揺れる家族の絆を描いたベストセラー小説の映画化だ。

 建築家の石川一登(堤真一)は、モデルハウスとしても顧客を案内する自慢の自宅に、妻の貴代美(石田ゆりこ)、高1の息子、中3の娘と暮らしている。幸せそうな家族に、ある時、暗い影が差し始める。けがでサッカー選手の夢を断たれ、夜遊びをするようになった息子・規士(ただし)(岡田健史)が冬休みのある晩、家を出たきり、行方不明に。翌日、同じ高校の男子生徒が殺害されたというニュースが流れる。あらぬうわさが飛び交い、一家に非難が浴びせかけられる。

 原作は雫井脩介。「検察側の罪人」の映画化(2018年)が記憶に新しい。執筆時に最も苦しんだというストーリー展開は、現代に生きる私たちの胸に深く突き刺さる。

 規士を犯人と決めつけ執拗で容赦ないマスコミ。手のひらを返すように冷たい周囲の目。興味本位からスマホで撮影した画像をネットにさらす心ない人々。そうした行為のなんと残酷なことか。自分の顔が見えないのをよいことに、簡単に人を傷つけあうネット社会の怖さと醜さに怒りさえ湧いてくる。

 息子の無実を信じるのか疑うのか、親であることが試される日々。夫婦は次第に異なる方向に歩み始める。家族の未来と会社を守るため社会に立ち向かおうとする父親の強さ。無償の愛を注ごうとする母親の切なさ。葛藤する両親の心情を繊細に演じる2人の表情に引き込まれてしまう。理想のキャスティングと、完成までに3年以上かかったという脚本をたたえたい。

 物語の背景に存在感を発揮しているのが郊外に建てられた豪華な家屋だ。高級家具でセンス良く整えられた心地よい住宅が日を追うごとに、家族の不安と重なるように次第に荒れ雑然としてくる。

 真実の見えないまま不安に揺れ動き苦しむ家族の息遣いを、堤幸彦監督はサスペンスタッチで濃密に描く。もしあなたなら、どんな結末を望むのだろうか。
=1時間48分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
 長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中
(2020年10月17日号掲載)
 皆さんは家族写真を撮っているだろうか? 何げないスナップではなく、家族全員の視線が一つになった記念写真。「浅田家!」は、写真家浅田政志さんの「家族」をモチーフにした2冊の写真集を原案に紡がれた家族の絆の物語だ。

 浅田家は家計を支える看護師の母・順子(風吹ジュン)、主夫として家事を引き受ける父・章(平田満)、長男の幸宏(妻夫木聡)と次男の政志(二宮和也)の4人家族。一家の心配事は政志が定職につかず、ぐうたらしていること。ようやく本気になったのが幼い頃から好きだった写真を撮ることだった。しかもテーマに選んだのは家族がなりたかった職業のコスプレ写真。その発想のユニークさが認められプロカメラマンの道が開ける。

 全国から家族写真の依頼を受け軌道に乗り始めたが、東日本大震災が発生。かつて撮影した家族の安否を気遣い被災地へ向かった政志が目にしたのは、家族や家を失い、悲嘆にくれる人々の姿だった。

 ダメ息子のように見えながら人間的な優しさは人一倍。豊かな発想力から生まれた家族写真には、一枚一枚に家族の歴史とドラマが写し出されている。

 物語のもう一つの核となるエピソードが、東日本大震災で自然発生的に行われた、津波で泥だらけになった写真を洗い返却するボランティア活動だ。

 1年前、長野も台風19号災害に見舞われたばかり。写真館の協力で汚れた写真が洗浄され、被災者の元へと返された。流された家族の思い出が再びよみがえる喜び。写真の持つ力と意味が心の奥深く届いた瞬間だ。

 「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016年)で日本アカデミー賞優秀監督賞などに輝いた中野量太監督が脚本も手掛けている。家族をテーマに作品を撮る中野監督が、こだわりを見せたのが本物の家族感。役者たちのなりきりぶりは、エンディングで映し出されるオリジナルの浅田家の家族写真とうり二つで、思わず吹き出してしまう。しかも撮影したのは浅田氏本人だそうだ。

 なりたかった自分になれたか。悔いのない人生を送っているか。カメラの向こうからそんな声が聞こえてくる。
=2時間7分
(日本映画ペンクラブ会員、ライター)
 長野グランドシネマズ((電)233・3415)で公開中
(2020年10月10日号掲載)